「五臓の動き」と季節の関わり方

古来中国から伝わった陰陽五行説では、すべての事象を木、火、土、金、水の5つに分類して世界を考えます。五行説では、春は「木気」、夏は「火気」、秋は「金気」、冬は「水気」と割り当てていました。また、「土気」の分類として、季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前18日間を「土気」とし、「土用」と呼ぶようになったようです。

Copyright(c) 2014 Fukuda Shintai Kinsei-in All Rights Reserved.